様々な症状に合わせた治療を行える

放射線で治療する

最適な脳腫瘍の治療法

脳腫瘍による放射線治療は進歩をしています。脳の腫瘍のある所にしっかりと放射線を当てるという形を合わせる時代から、放射線の量を脳の腫瘍にしっかりと合わせて、多く放射線を当てる所は腫瘍の部分で周囲の正常な組織の部分にはなるべく、放射線を当てない治療が出来るようになりました。これは強度変調放射線治療といって特殊な治療法になります。 この強度変調放射線治療はIMRTとも呼ばれ、照射野の形状のみではなく、線量分布も標的に一致させ、正常な組織への線量を低減させる特徴があります。この治療法には脳腫瘍などにも応用されるようになってきています。リスクの臓器の線量の増加を回避しつつ、Targetを絞った線量の増加が可能になります。

治療の工夫で根治可能になります。

脳腫瘍に対する治療法でIMRTなどの特殊な治療方法で、放射線を当てたいところに対して、しっかり当ててなるべく正常な範囲に放射線を少なくしようという工夫が、脳腫瘍の治療に応用されています。PETやMRIの新たな診断技術の応用により浸潤範囲に対する評価が向上されており、治療効果の予測因子が線量分布の最適化による治療成績の向上の可能性が高くなっています。 また、効果の悪いところを選んで、放射線を当てる工夫をして効果を上げる事など、脳の機能を含めて治療する範囲を工夫する事が始まっています。必要なところに沢山あてて、必要では無い所には少なくするなどの工夫もされています。今まではMRIやCTなどの画像に頼ってきましたが、従来なかった画像診断の進歩で放射線をかける照射野の設定が最適化しました。