様々な症状に合わせた治療を行える

PICK UP

危険性

咽頭がんは食道にできるがんです。このがんの原因として上げられているものが、喫煙や飲酒です。喫煙や飲酒をすることでリスクが上がります。がんのリスクは遺伝よりも生活習慣ではないかと言われています。

ヘルニアの治療

頚椎椎間板ヘルニアの治療で最近増えているものがレーザー治療です。患者への負担も少なく、短時間の手術で済みますが、高齢者や脊椎管狭窄の人には向いていない治療法です。根気よく自分にあった方法で治療をすることで完治する場合があります。

放射線で治療する

脳腫瘍の治療で仕様する放射線も年々技術進歩しており、腫瘍以外の部分にあまり影響を与えることなく治療ができるようになっています。今後も治療の工夫によって、腫瘍の根治が可能になっていくと言われています。

セカンドオピニオン

脳動脈瘤の治療のこと

脳動脈瘤とは脳の血管の一部がさまざまな理由により膨らんで弱くなっているところを指します。脳の血管が枝分かれする部位に発生しやすくなっています。脳動脈瘤は破裂するとクモ膜下出血がおこります。回復してもその後の日常生活に影響を与える可能性があります。 脳動脈瘤を発見してもすべてが破裂するかどうかは今までの研究では分かっていません。そのため複数の脳動脈瘤が発見された場合にはそのままにしておくか、破裂を防止するための治療が行われます。そのままにしておく場合でもひとつの医療機関において診察を受けるのではなく、複数の医療機関で診察を受けてみることが今では重要なことであると言えます。つまりセカンドオピニオンの活用がポイントです。

発見されたときの予防策

脳動脈瘤はいつ破裂するか診察によって判断することは困難です。そのことから、脳動脈瘤が発見されたときには破裂してクモ膜下出血が発症しないように予防することが今後においても重要であると言えます。その方法にもさまざまなものがあり、開頭せずに行うことができるものとして塞栓術が挙げられます。 塞栓術は太い動脈からカテーテルを挿入して脳の患部まで導いて治療を行うというもので、全身麻酔をして治療を行うので痛みはほとんどありません。また、脳やクモ膜を傷つけることなく治療を行うことが可能です。また、治療を終えてからの回復も早いことがメリットであると言えます。 このように脳動脈瘤が発見された場合には破裂しないための治療を受けることが大事となっています。